2014年08月29日

音の話 その2

聴力のトレーニング
耳のトレーニングとしては、
音を意識する時間を作る。

さて、いまこのブログを読んでくださっている方は、
どのような環境で読んでいるだろうか

テレビがついているかもしれないし、
BGMとしての音楽が流れているかもしれない。
もしかしたら、電車の中で読んでいるかもしれない。

一般的な話として、まったく人工的な音の無い環境で読んでおられる方は、
すくないのではないだろうか 

ちなみに、このブログを書いている私の場合、
人工的な音は、
PCから聞こえてくる一定の音(おそらく冷却装置の回転音課、ハードディスクの回転音)
窓の外からは、ラジオ体操の音、車が通り過ぎる音、空から飛行機の音、
人工的な音ではないが、鳥のさえずり、虫の音
そして、かすかに、隣の家の台所の食器があたる音
などが聞こえてくる。

ほとんどの音というのは、普段の生活の中で、あまりにも当たり前になっているので、
改めて意識しないと、認識されないものになってきていると思う。
それだけに、耳を肥やすためには、意識して音を聞く時間を作らないといけないと思う。
posted by masaru at 06:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月03日

垂水映画の公式サイトをリニューアルしました。

垂水映画の公式サイトをリニューアルしました。

新しいサイトのアドレスは、
こちら

http://www.tarumimovie.com

です。
posted by masaru at 21:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月24日

音の話 その1

私は、映像作品を作る際に、多くの場合、録音した音をAudaCityや、Adobe Auditionを利用して整音している。

通常、マイクで録音した音には、何らかの雑音や、余分な音が入っており、それを削除しなければ、音声が聞き取りにくかったり、編集の際に音のつなぎが悪くなるからだ。

ただ、

だからといってコンピュータであとから、整音すれば、何でもかんでも綺麗になるかというと、けしてそんなわけではない。

先日、録音した音の整音の話になった時に、音調整ソフトのことが話題になった。
そのときに話した話題を振り返って、
改めて、音について、個人的に思っていることを数回に分けてまとめてみたい。

今回は、一番最初の録音について、まとめてみる。

まず、第1に知っておきたいのは、録音した音を後からコンピュータ処理で修正をすればするほど、元の音よりも確実に劣化するということである。
これは、音に限った話ではなくて、画像、映像に関しても同様のことが言える。

ということは、

音(だけで無く、画像、映像を含めたすべてのデータ)は、一番最初の段階で、如何に綺麗に録るか、にかかっている。
録音時に、如何に、ノイズを少なく、目的の音以外の音の無い場所で録音するかにかかっている。

それだけに、

映像作品を撮る場合は、見た目はもちろんだけれど、音のことも考えたロケーション選びがぜったい大切である。

必要性が無いのであれば、都会のど真ん中での撮影や、線路沿い、国道、幹線道路沿いでの撮影は、避けるべきであり、

可能であれば、

室内での撮影時には、クーラーや冷蔵庫など、すべての電化製品の電源を切るべきである。

また、マイクの特性についても理解するべきである。

特に、低予算のドラマの撮影の際、利用されるガンマイク。

よく誤解されているが、マイクとしての性能が特別にいいわけではない。
ただ、「指向性がある」というだけである。

なので、
人物のセリフを撮るときは、出来るだけ口元に近づけなければならない。
かつ指向性があるので、雑音がある方向へは向けてはいけない。

テレビドラマなどの撮影風景で、長いさおのような棒の先にマイクつけて持っているのは、
ガンマイクで役者の口元を狙い、かつ、その方向に余分な雑音が無いと思われる地面を狙うためである。

基本的に、ガンマイクは、屋外であれば、地面の方向か、もしくは空の方向へ向けて音をとると、雑音が少なくてすむ。
(地面に対して水平方向へ向けると、遠くの方に、たいてい家や道路、線路など、何らかの音源がある)

地面を向けることが出来ない、もしくは、空を向けることが出来ない、
そのような場合でも、出来る限り、先に余分な音源がない方向を探すべきである。

そして、一番大切なのが、耳を肥やす、ということ。

最終的な音の確認は、機械ではなく人間の耳がするわけで、
それだけに、常日頃から、音に対する感覚というものを強く養っておく必要がある。

これは、具体的にどうこう、という事が文章では説明しづらいのだが、

たとえば、今、この文章を読んでいる状況において、周りには、どんな音があるだろうか?
BGMが流れていたり、テレビがついている人は、とりあえず、それらを消して、その状態でどんな音があるか確認してみてほしい。

室内には、
冷暖房の音、空調の音、空気清浄機の音、冷蔵庫の音、時計の音、PCのハードディスクの回転音・・・

窓からは、
車の走る音、天気によっては雨や風の音、夜の時間帯であれば遠くの電車の音も聞こえてくるかも知れない、
もちろん街中に住んでいれば、街の音も聞こえてくるだろう。

人間の耳は、よく出来たもので、自分の集中している音を選択して聴く能力を持っている。
しかし、マイクにはそれが無いため、すべての音を拾ってしまう。
それだけに、普段から、上記のような音を意識して聞こうとしない限りは、いざ録音というときに余分な音を聞き分けるのは難しい。

最終的には、人間の聴覚、アナログ力を鍛えることが必要で、
筋トレと同じように聴トレが必要である。

次回は、私が普段、意識して行っている聴トレと、その他の音について書いてみたい。
posted by masaru at 10:21| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月03日

最近見た映画「エンペラークロニクル」


「TVは事実だけを伝えるわけではない」 朝比奈武夫

私の作品にも出演してもらっている
白澤さんの監督作品
「エンペラークロニクル」を鑑賞してきた。

これが、なかなか、いい意味で裏切られた作品だった。

今回、鑑賞してわかったのは、
白澤監督は、観客に対してみせるというイメージをしっかり持って作品を作っている。
著名人の出ていない作品の中で、短時間でキャラクターを認識させるために、
登場人物を明確に記号化して、見ている人に物語を理解しやすいように促している。
これは、映画を製作している者として、見習わなければならない点だ。

にもかかわらず、作品の作り方に、
あまり余分な思いが入っていないように感じられるところがいい。
たとえば、「○○賞を受賞してやろう!」
「体裁の整った作品を作ってやろう!」
とか、そういった思いよりも何よりも、
まず、「この物語を作りたい!」という想い有り気。

おそらく、白澤康宏はそういう男なのではないだろうかと思った。

また、作品の随所に上手にかわしているシーンが見受けられる。
たとえば、
女が語るリアリティの欠ける話に対して
主人公は、突っ込みを入れているシーンなどは、正直、チキショー!
とさえ思った。

心が揺れる女スパイと、それをさらに監視する女スパイ、
主人公に魅かれていく女
ともすれば、子供っぽくなりそうな題材を大人の作品として仕上げている。

ただ、ラストの女性は、鑑賞する人に考えさせるだけでなく、
監督なりの答えがちょっと欲しい気がした。

それにしても、白澤康宏、全く侮れない男だ。
posted by masaru at 22:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月23日

最近見つけた写真家

ここのところ、facebookのせいで「いいね!」という言葉の価値がえらく下がってしまったと思うのだが、
ただでさえ、本当に「いい」物がこの情報過多の中で埋もれてしまって判断が難しくなっている状況をさらに助長させている。

物事を判断する側も、安易な情報に流されずもっと眼や耳を肥やすべきだと思うのだが、
まあ、よく言えば和の精神を幼いころから教育されている素直な日本人、
メディアが「いい」といえばいい、「悪い」といえば悪くなってしまうんだろうなぁ。

そんなこんなで、facebookにも少し嫌気が差してきていて、
インターネットそのものからも、仕事での必要のみの適度な距離を保ちつつ、
ちょっと距離をおこうかともおもっているオイラなんだけれど、

そんなオイラが、最近「いいね!」と思った写真家を見つけたので紹介したい。
これは、本気の「いいね!」だ。

地元神戸に、神戸アートビレッジセンターという舞台、映画館、貸し館、ギャラリーなどが全て入ったアートスペースがあり、1階のスペースが開放されていることもあって、映画の上映時だけでなく、時々立ち寄ったりして利用している。

で、その日も、待ち合わせ場所として利用していたんだが、

「写真表現大学OB・OG展」

という展示会をしていた。

まあ、名前そのまんまの展示会なんでしょうね。
詳しいことは何も知りません。(^^;

まったく何の予備知識も無く、もちろん知り合いの作品があるわけでもなく鑑賞したわけです。
ぶっちゃけ、それを専門に勉強していた方々の作品であったので、まあ、どの写真家の作品も当たり前ですがよかったです。

ただ、「いい写真」と「気に入る写真」というのは、まったく別の話、

そこが本来の芸術のよさであり、鑑賞の自由、感性の判断、こちら側の眼を問われる部分。

他の方がどう感じるかはわからないが、
その中で、ほかとは、明らかに違う、少なくとも私の感動のツボを突きまくった写真家の方がおられました。

一言で言えば”情感”

その写真家の写真の前では見入ってしまい、しばらくその場所からは動くことが出来ないくらい、すなおに感動しました。

他の写真家には、あまり感じることの無かった”情感”が、彼の写真からはあふれまくってます。

写真家のカワトウさん、久々にすごい人を見つけました。

カワトウさんのブログはこちら
http://kawa10.blogspot.jp/
posted by masaru at 22:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月14日

久々のブログ更新

私の監督作品「ひよこカラ〜」を現在、必死で編集している日々が続いております。
はっきりいって、孤独な作業で、楽しい部分も多くありますが、何度も編集しなおしてしまっているショットもたくさんあります。
で、その新作情報は、もうしばらくお待ちいただいて・・・・(^^;

久々のブログなんで、近況をいろいろ報告

ここのところ、他の監督からお声がかかることが続いてまして、
役者として、出演させていただいております。

いくつかの作品は、近いうちに、皆さんの目に触れることと思います。
自分の姿が大画面の中で映ることにちょっとテレがあったりするのですが、楽しみです。

そんなこともあり、他の監督の現場、いろいろ拝見させていただいているんですが、
雰囲気が、各監督ごとで、かなり違いますね。
どの監督の現場に参加させていただいても、
勉強になる部分が必ずあります。

で、他の監督といえば、
10年前、私が実写で映画を撮るきっかけを作ってくださった
TOYOKI監督のイベントが、

11月25日 ビジュアルアーツ専門学校であります。
詳細はこちら
http://artpolis-osaka.jp/

皆さん、ぜひお越しください。
私の作品も17時30分から上映されます。
posted by masaru at 14:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月20日

うだうだしつつ、コマドリアニメ

昨日は、うだうだしていました。(^^;

おもわず、コマドリアニメを作り始めてしまい
できたのが、

これです。(^^;

ゆでぴよこのリサイクル


よつごの誕生ピヨ!


うんこ、むしゃむしゃ
posted by masaru at 07:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月15日

【映画】グレムリンのジョーダンテ監督

実は、集中力のあまり無い私(^^;
映像の編集中に、何度も見ている好きな映画のビデオを流しながら、編集していたりしています。
それで、先日は映画「マチネー」を見ながら編集していました。
監督は「グレムリン」のジョーダンテ監督

スピールバーグ監督と「グレムリン」のヒットに隠れて
他の監督作品は、
日本では紹介している人があまりいない様なので
(2012年5月現在、Wikipediaにも以下の2作品は紹介されて無くてちょっとショック )
ジョーダンテ監督作品を2作品ほど紹介
個人的には、思春期のオタク少年たちを描かせたら右に出るものはいないんじゃないかと思っています。
(というか、映画の中で、80年代、90年代の映画オタク少年、SFオタク少年の夢を
色々(^^;かなえてくれます)

まず!自分の監督作品を上映した事のある人なら、きっとはまること間違いなし!の
映画「マチネー」
(日本ではDVD化の際に「マチネー/土曜の午後はキッスで始まる」と副題が付きました。)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)
62年10月、“キューバ危機”の最中、人を怖がらせる映画作りに全てを賭けた男が、新作ホラー映画を持ってやって来た。劇場に集う若者と劇中映画が絶妙にシンクロし、サスペンス、ホラー、コメディ、青春などあらゆる要素が集約された傑作ファンタジー。

んで、SF少年達の夢をかなえてくれるファンタジー
映画「エクスプロラーズ」 Explorers (1985)
音楽は、日本のテレビ番組でときどき利用されてますね。

こちらが音楽

ちなみに、この映画「エクスプロラーズ」 Explorers (1985)
今は無き、リヴァー・フェニックスのデビュー作ですね。



んで、おまけ、グレムリン

posted by masaru at 01:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月11日

昨日に引き続き、ロケ地紹介

見つけてきたロケーションを紹介

010.JPG

018.JPG

070.JPG

214.JPG

316.JPG
posted by masaru at 23:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月10日

映画に重要なもの

いろいろ、ロケ地を探索中です。

映画を製作する上で、いろいろ重要な要素がたくさんあるのですが、
私が製作する上で、重要視するのは

まず、音声、および音!
次に、脚本
そして、ロケ地!!

で、今回は、現在いろいろ探しているロケ地をちょっと紹介
私のロケ地の探し方として、
実際に行ってみて、必ず自分の目で確認する
これが基本だと思ってます。

身近な場所で、素敵な景色を見つけました。


夕方の時間なので逆光気味なのがちょっと残念




posted by masaru at 23:19| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月27日

【映画】ももへの手紙 その2



何がいいのかというと、
物語りも、もちろんいいのだけれど、

それよりもなにより、
ロケーションと音
そして、動き

実写の映像より生々しさのあるキャラクターの動きと、

ロケーションを大切にしている絵作り、

音を大切にしている音響

最高です!!


posted by masaru at 20:30| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月22日

【映画】ももへの手紙

映画『ももへの手紙』予告(120秒)「ももへの手紙」見てきました。
http://momo-letter.jp/


「人狼」の沖浦啓之監督作品と聞いたら、見るしかないでしょう!
ということで見てきました。

で、感想として
細かいところを気にしだしたら、いろいろと思うところはあったけれど、
基本的には、期待を裏切ることのない作品でした。

まあ、不覚にも、思わず泣いてもたし。
(^^;;

間違いなく、また何度も見ることになるアニメでした。(^^)

あらためて、映画は地方都市の景色の中で撮影するのがいいと感じました。
(まあ、アニメだから、撮影はしてはいないんだけど)



posted by masaru at 00:00| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月19日

映画「人狼」観てきました。

映画「人狼」が、劇場公開していたので
みてきました!!

jinro.jpg

実写の映画よりも、
人の動きにリアルさを感じます。

ちなみに
sinchan.jpg
クレヨンしんちゃんは、同じ場所で5回上映、最終上映の1回のみ「人狼」
という、えらくさびしい扱いを受けてました

posted by masaru at 22:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月31日

ガラナ断ち、カフェイン断ち

何度も書いていることなんだが、

俺はガラナが好きだ。
そして、常備しているのはカフェインの錠剤。

制作が忙しくなると、

ガラナ + カフェインの錠剤 = 超ハイテンション!!!

という公式にのっとって合法ドラッグ漬けの俺

最近は、映画の制作も終わって一段落ついて、
反動で、一気に毎日が虚脱感、脱力感マックス!!

1週間以上この状態が続いていて
さすがにこれではいけない!と思い、
毎日、珈琲風呂につかりながら、何とかテンションを上げようとしていたんだが、

ここへ来てついに!
頭痛と吐き気を慢性的に伴うカフェイン常習者の典型的な中毒症状!!
プラス睡眠障害も現れて、トイレの回数が半端無い!!
という、天罰でも食らったかのここ数日。

とりあえず、当分カフェインの摂取は控えます。(涙)
posted by masaru at 15:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【人物紹介】岡元雄作監督

リスペクトする人を見つけてしまったので紹介

岡元雄作監督


3月27日(火)大阪、十三でシアターセブンで

私の監督作品 映画「鬼子母神の子守唄」が上映されました。
http://www.planetplusone.com/cinedrive/2012/films.html#films-y101

で、舞台挨拶のために当日早めに映画館へ行っていたのですが、
ちょっと早くつきすぎたため、自分の作品の前に上映されている作品を見る事に。

作品のタイトルは

「メリーゴーラウンド」

「流騒」

監督は、どちらの作品も岡元雄作監督

見終わった後・・・脱帽

どちらも素晴らしいけど、特に「流騒」は最高です。

体調を崩していたにもかかわらず、おもわず、3月30日の上映も観にいきました。(^^;


次回、岡元監督作品の上映は
4月4日 20時30分〜
映画館プラネットプラス1

で、

私の監督作品「鬼子母神の子守唄」の上映は
4月2日 18時15分〜
映画館シアターセブン

どちらもお見逃し無く!



posted by masaru at 07:39| Comment(0) | 人物紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月26日

このまま二人で、何処か遠くへ行っちゃおうか

男「このまま・・・
  いや、何でもないよ」

女「このまま二人で、何処か遠くへ行っちゃおうか。
  誰も知らない所迄、逃げちゃうのよ。
  ね、そうしよ、ね」

男「・・・それは無理だよ」




さて、映画「鬼子母神の子守唄」が完成して以来、
気の抜けたような日々を過ごしております。

で、久しぶりに好きなアニメの紹介

今回は、「人狼 JIN-ROH」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%BA%E7%8B%BC_JIN-ROH



物語も当然いいんですが、

僕が何より好きなのが
キャラクターのしぐさ台詞効果音、音響効果
そして、音楽

生身の人間の実際のしぐさより生々しく、音響が心臓に響き、
音楽にとても情感があります。

posted by masaru at 10:53| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月22日

【状況報告】鬼子母神の子守唄

映画 「鬼子母神の子守唄」

無事完成し、上映が始まりました。


もうすでに初回上映は超!!満員御礼のうちに終わり、
何人かの方から、高い評価のメールをいただきました。
みに来ていただいた方、ありがとうございました。

次回上映日は

3月27日 (火)20:30〜
及び
4月2日  (月)18:15〜

どちらも、

〒532-0024 大阪市淀川区十三本町1-7-27 サンポードシティ5階
阪急電車 十三駅から、徒歩5分
シアターセブンにて上映
詳しいアクセスはこちら
http://www.theater-seven.com/access.html

ぜひ、お越しください。


posted by masaru at 15:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月29日

MIDIをWAVへ変換する方法の備忘録

毎回同じ事を調べているので、
自分自身への備忘録

midiからwavへは

Timidi95をつかうと簡単にできる。

http://www2.ocn.ne.jp/~mohishi/index.html
posted by masaru at 08:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月21日

FaceBook

基本的に、SNSというのが苦手です。

数年前の話
会う人、会う人「mixiのIDおしえて!」
とまあ、mixiに入っていることが絶対の前提として
まるで、mixi加入が日本国民の義務なんかい!!

と叫びたくなるような気持ちになっていました。

頑なに、mixiの招待メールを無視しまくっていたのですが、
世の中の流れには付いていかざるおえないようで、
最終的には参加することになりました。

最終的に参加するなら早いうちに入っておけばいいんだろうけれど、
なんと言うか、自分の感情を強制的に洗脳させられたようで、
正直気持ちが悪いです。
(TVと同じで、全体を一つの方向へ強制的に動かせられている状態におちいらさせるのが気持ち悪いです。)

結局、最初だけで、今は放置しています。

で、最近流行のFaceBook、
長いこと、放置していたのですが、
古い友達から、10年ぶりくらいの懐かしい招待がきてしまったので、
おもわず友達申請を受け付けました。

こういうことが起こるのは、たしかに、ちょっと嬉しいですね。

ただ、やはりSNSは、にがてかも。
といいつつも、おそらく、活用しなければならない状況になっていくんでしょうね。

posted by masaru at 14:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月20日

最近お気に入りのCM その2

今日、いい感じのCM]を見つけたので、

前回に引き続き紹介。



この自然な空気感、いいです。

あと、古いけどあさげといえば、このCM


なんせ、空気感が最高です。
posted by masaru at 00:00| Comment(0) | 映像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。